自ずから成る
一期一会の出会いを、”自ずから成る”をモットーに綴ります。

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お医者さんの常識
日本呼吸器学会では風邪について次のように定義されているそうです。




1、風邪はほとんど自然に治るもので、風邪薬で治るものではない。

2、風邪に効く抗ウイルス薬はない。

3、抗生物質は風邪に直接効くものではない。

4、抗生物質を頻用すると、下痢やアレルギーなどの副作用がある。

5、抗生物質を頻用すると、薬が効かない薬耐性菌が出現する。

6、市販の風邪薬は、症状を緩和する対症療法にすぎない。

7、市販の風邪薬の広告は、風邪に対する過剰な治療を推奨するかのような印象を与えている。

8、風邪による発熱は、身体がウイルスと戦っている免疫反応で、ウイルスが増殖しがたい環境を作っている。むやみに解熱剤を用いない。

9、いかなる薬物にも副作用が起こり得ると考え、薬を服用した場合は薬物名と量を記録しておく。

日本呼吸器学会「成人気道感染症診療の基本的考え方」より

 ほとんどの医師にとって、薬は風邪には効かないことは一般常識になっているそうです。
 風邪薬による恐ろしい副作用も、何百万人に1人の確立で発症するようです。
 スティーブンソン症候群と言って、今まで普通に生活していた人が、風邪薬や市販のサプリメントを服用して、次の朝起きたら、全身が火傷したような状態になって、失明してしまう病気です。
 そういうことが100万人に1人の割合で発症するという自覚の元で、薬を飲まなければなりませんね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
サプリメントには副作用はあるのでしょうか?「副作用」その薬の本来の作用に伴って起こる別の(有害な)作用(岩波国語辞典第3版より引用)これをそのまま解釈すると副作用とは薬について起こることであります。それに対してサプリメントは厚生労働省の定義によると、栄養
2006/11/28(火) 13:15:57 | 健康診断結果@あなたの健康診断結果は?
copyright © 2005 自ずから成る all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。